スポンサーサイト

  • 2012.03.09 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    子供の紫外線ケアについて考えよう。

    • 2012.03.07 Wednesday
    • 23:02
    幼少時からの紫外線ケアがその後を左右することは、以外と実感が湧きにくいですね。 
    紫外線ケアは、幼少期からそれほど必要なものなのでしょうか? 

    子供のころに紫外線を浴びた量が多いほど、大人になってから皮膚癌を発症する確率が高くなります。 
    浴びた量が多いほど皮膚ガンを発症する年齢も早くなります。
    紫外線を浴びれば浴びるほど、大人になってからシミやシワが出やすくなります。 
    このように考えると日中日差しのきついところでウカウカ遊ばせていられなくなりそうですね!

    子どもの皮膚は元々弾力があるので多少のシミやシワは気になりませんが、
    中高年になるとこれまで潜んでいたものが徐々に目立ってきます。 
    皮膚への紫外線の影響は、紫外線を浴びていたその時はわからなくても、十年後、二十年後に出てきます。
    紫外線の対策は時間をさかのぼって施せるものではありませんので、小さい頃からきちんと紫外線に対する備えをしておくことが大事です。

    紫外線の肌への影響が一番強い時間帯は午前10時〜午後2時です。 
    この時間帯の外出はできるだけ避け、朝早くや夕方に戸外に出るようにすることでかなりの紫外線予防になります。 
    日のカンカンに照りつけるばかりの遊び場ではなく、日陰がつくれるような樹木やテントがあるといいかもしれません。

    どうしても紫外線を浴びてしまうという場合は子どもよう日焼け止めクリームなどを使い、できれば帽子や長袖を着用して紫外線の影響から肌をガードします。 
    子どもに紫外線の作用について教育することも大事ですね。 
    紫外線の脅威について知らなければ、子どもは言うことを聞きたがりはしません。 
    なぜ紫外線ケアをするのかを子どもに話をして、親子で取り組むようにしましょう。

    スポンサーサイト

    • 2012.03.09 Friday
    • 23:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック