スポンサーサイト

  • 2012.03.09 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    紫外線ケアの重要性

    • 2012.03.07 Wednesday
    • 07:53
    紫外線の影響は、日差しが柔らかそうな夏以外の季節でも、ケアを怠るとてきめんに出ますね。
    紫外線の影響を受けた肌のケアをするとしないとでは大きな違いが出ます。
    夏真盛りなら、適度に日焼けをした肌は健康的な印象を与えますがやり過ぎは厳禁です。
    かつては、小麦色に日焼けをすることが健康美のシンボルと見なされていたようですね。
    しかし近年では紫外線が肌に及ぼす悪影響も問題とされるようになり、いかにして紫外線を避けるか、紫外線を受けた肌のケアをどうするかが重要になってきました。

    なぜ紫外線に対するケアが必要なのでしょうか?
    紫外線は、「しみ、しわ」の原因になりますし、紫外線アレルギー(湿疹)、皮膚癌、白内障(目の病気)の発症率を高めてしまいます。
    紫外線を肌にずっと受けていると免疫抵抗力が落ちて感染症にになりやすくなります。
    ある程度年を取るまでは、そこまでの紫外線ケアは不要だと考えている人もいます。 

    日本では、しみ・しわの原因になると美容的な考え方だけが注目されやすくなっています。
    紫外線がどのように体に悪影響を与えるか、アメリカやオーストラリアでは既に広く広まっています。
    そのため、乳幼児の頃から紫外線対策はきちとんと行っているようです、それに比べると、日本はまだまだ紫外線に対する意識が薄いかもしれません。
    実際はどれだけ若いときから紫外線ケアを行うかが、大人になってからの美容や健康に大きく関わっています。
    よく、海外の映画等を観ると白人女性のそばかすが異常に多い事がありますが、国単位で対策の準備が出来ているかどうかなどは論点が若干ずれているかもしれませんね〜

    個人個人の問題、意識の違いがありますから。

    ただ、いずれにしても、紫外線は続けて浴びると良いことは何一つないということだけは
    間違いなさそうです。

    スポンサーサイト

    • 2012.03.09 Friday
    • 07:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック