スポンサーサイト

  • 2012.03.09 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    紫外線ケアのための食事も大事ですね!

    • 2012.03.07 Wednesday
    • 23:08
    紫外線対策には、日よけ止めクリームやUV加工のされた傘や帽子を使う人が多いですね。
    紫外線を浴びない工夫も重要ですが、紫外線ケアに役立つ食事を取り入れてみてもいいかもしれませんね!
    紫外線の影響によって作られる活性酸素は、健康や肌に悪影響を及ぼします。
    白血球は、各種のウイルスや菌から体をガードするための方策として、活性酸素を作り出し、これに対抗しようといます。
    老化やガンなど、体に起きるよくない現象のいくつかは、この活性酸素の活動によるものだと言われてます。
    活性酸素の多いからだは錆びるので、細胞の働きが悪くなります。
    活性酸素を増やさないような食生活で、体を守るといいですね。
    紫外線ケアにビタミンCが効果的なのは、多くの人の知るところです。
    体内にできた活性酸素を減らす効果が期待できます。

    ビタミンCは緑茶や果物に存在している他、野菜やイモ類にも存在していますので、
    毎日何らかの形で食べるようにした方が良いですね。
    ビタミンCは水溶性で水に溶け出しやすく、また、熱に弱いという性質もあり
    できるだけ生の状態で摂取し、サラダなどにしましょう!
    ビタミンEもビタミンC同様積極的に取り入れたりものです。
    紫外線ケアには欠かせない抗酸化作用がありますので、ビタミンEを多く含む植物性油脂を活用してください。

    酸化してしまったこれらの食品は逆効果になります。
    なるべく新しいものを摂取するようにしましょう。
    リコピンやポリフェノールも抗酸化力があり、紫外線のケアに大いに影響がある食べ物です。
    もちろん、大前提として各栄養バランスは整えるようにしてください。
    重要なことは、過不足のない栄養摂取を心がけ、体にいいものを広く摂取することです。
    食事のバランスを整えつつ、紫外線ケアの食材を活用してください。

    子供の紫外線ケアについて考えよう。

    • 2012.03.07 Wednesday
    • 23:02
    幼少時からの紫外線ケアがその後を左右することは、以外と実感が湧きにくいですね。 
    紫外線ケアは、幼少期からそれほど必要なものなのでしょうか? 

    子供のころに紫外線を浴びた量が多いほど、大人になってから皮膚癌を発症する確率が高くなります。 
    浴びた量が多いほど皮膚ガンを発症する年齢も早くなります。
    紫外線を浴びれば浴びるほど、大人になってからシミやシワが出やすくなります。 
    このように考えると日中日差しのきついところでウカウカ遊ばせていられなくなりそうですね!

    子どもの皮膚は元々弾力があるので多少のシミやシワは気になりませんが、
    中高年になるとこれまで潜んでいたものが徐々に目立ってきます。 
    皮膚への紫外線の影響は、紫外線を浴びていたその時はわからなくても、十年後、二十年後に出てきます。
    紫外線の対策は時間をさかのぼって施せるものではありませんので、小さい頃からきちんと紫外線に対する備えをしておくことが大事です。

    紫外線の肌への影響が一番強い時間帯は午前10時〜午後2時です。 
    この時間帯の外出はできるだけ避け、朝早くや夕方に戸外に出るようにすることでかなりの紫外線予防になります。 
    日のカンカンに照りつけるばかりの遊び場ではなく、日陰がつくれるような樹木やテントがあるといいかもしれません。

    どうしても紫外線を浴びてしまうという場合は子どもよう日焼け止めクリームなどを使い、できれば帽子や長袖を着用して紫外線の影響から肌をガードします。 
    子どもに紫外線の作用について教育することも大事ですね。 
    紫外線の脅威について知らなければ、子どもは言うことを聞きたがりはしません。 
    なぜ紫外線ケアをするのかを子どもに話をして、親子で取り組むようにしましょう。

    紫外線ケアの重要性

    • 2012.03.07 Wednesday
    • 07:53
    紫外線の影響は、日差しが柔らかそうな夏以外の季節でも、ケアを怠るとてきめんに出ますね。
    紫外線の影響を受けた肌のケアをするとしないとでは大きな違いが出ます。
    夏真盛りなら、適度に日焼けをした肌は健康的な印象を与えますがやり過ぎは厳禁です。
    かつては、小麦色に日焼けをすることが健康美のシンボルと見なされていたようですね。
    しかし近年では紫外線が肌に及ぼす悪影響も問題とされるようになり、いかにして紫外線を避けるか、紫外線を受けた肌のケアをどうするかが重要になってきました。

    なぜ紫外線に対するケアが必要なのでしょうか?
    紫外線は、「しみ、しわ」の原因になりますし、紫外線アレルギー(湿疹)、皮膚癌、白内障(目の病気)の発症率を高めてしまいます。
    紫外線を肌にずっと受けていると免疫抵抗力が落ちて感染症にになりやすくなります。
    ある程度年を取るまでは、そこまでの紫外線ケアは不要だと考えている人もいます。 

    日本では、しみ・しわの原因になると美容的な考え方だけが注目されやすくなっています。
    紫外線がどのように体に悪影響を与えるか、アメリカやオーストラリアでは既に広く広まっています。
    そのため、乳幼児の頃から紫外線対策はきちとんと行っているようです、それに比べると、日本はまだまだ紫外線に対する意識が薄いかもしれません。
    実際はどれだけ若いときから紫外線ケアを行うかが、大人になってからの美容や健康に大きく関わっています。
    よく、海外の映画等を観ると白人女性のそばかすが異常に多い事がありますが、国単位で対策の準備が出来ているかどうかなどは論点が若干ずれているかもしれませんね〜

    個人個人の問題、意識の違いがありますから。

    ただ、いずれにしても、紫外線は続けて浴びると良いことは何一つないということだけは
    間違いなさそうです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM